最新記事一覧

定期的に調べることが大切

ウーマン

ピントが合う距離

自身が老眼になっているのかチェックするポイントはいくつかあります。新聞や本等の文字を読もうとする際に近くで見るとピントが合わず、目から離すと見えやすくなる場合は老眼です。老眼になると目の筋力が衰えていき、近くの物を見る時にピントが合わず、霞んで見えます。しかし目から離していくとピントが合い、見えやすくなることが特徴です。小さい文字が見えにくくなってしまった場合も老眼の症状です。目には水晶体があり、物を見る時に働きます。近くの物を見る時にはこの水晶体が厚くなり、遠くを見る場合には薄くなります。老化と共にこの働きが低下していく事が老眼の始まるです。特に目にはミネラルが必要となっており、鉄分や銅、マグネシウム等も重要な栄養素となっています。年齢が重なっていく程これらが不足していき、やがて老眼の原因となります。本を読んでいる最中に急激な肩こりや目の疲れ、頭痛等の症状が出た場合には、目を休ませる事が重要です。自分で老眼をチェックするポイントは、他にもあります。人差し指を目の前に持っていき、指紋がハッキリと見える位置まで近づけます。その際にピントがあった位置が30cm以上離れていた場合には、老眼の恐れがあります。もし不安な場合には一度眼科にいき、チェックを行ってください。眼科の他にも、眼鏡を専門に販売している店に行ってもチェックを行ってもらえます。その場合には、すぐに老眼用の眼鏡を作ってもらえるのでオススメです。

Copyright© 2018 老眼は進行する前に対策を練る【自覚症状が現れていないかチェック】 All Rights Reserved.