最新記事一覧

目の老化を確認する

目元

自宅で確認する方法

中高年にさしかかると体の衰えをあちこちで感じてくるものですが、毎日使っている目も、当然ながら年とともに衰えてきてしまいます。また、最近では、若い年代の人がスマホ老眼になってしまうことが問題になっています。老化が始まったばかりの人も進んでしまっている人も、自分の目の老化の程度を確認することは大切です。もちろん病院に行けば専門医が診察して結果を出してくれますが、自宅でも老眼のチェックを気軽にできる方法があります。それは、確認したい項目を紙に書きだしたり思い出しながら、老眼チェックをすることです。確認する項目は、近くのものを見る時の見にくさやピントが合うまでにかかる時間などです。チェックする内容がいくつかあるので、頭に入れておきましょう。チェック項目の中で、近くにあるものがはっきりと見える距離すなわち近点距離を測ることは、明確に老眼の程度が分かるので最も重要です。チェックリストに沿って目の状態を確認してゆけば、目の老化がどの程度進んでいるか分かります。以前と比べて老眼が進んでしまっていたら、近くの眼科を受診して老眼鏡を新調したり作り直したりすべきです。すでに老眼鏡を持っているから眼鏡を新しくする必要はない、と言う人もいるかもしれません。しかし、そのような人も、老眼の進行に合わせて眼鏡を作り直したり新調すべきです。なぜなら、老眼の程度に合わない眼鏡を無理にかけると目を疲れさせることになり、不調を引き起こしてしまうからです。

Copyright© 2018 老眼は進行する前に対策を練る【自覚症状が現れていないかチェック】 All Rights Reserved.