最新記事一覧

考える人

気になる人は自己診断も

自分が老眼であるかどうかが気になるという人も少なくないでしょう。そこで知りたいのは自分で老眼かどうかチェックする方法ですが、近点距離から調べるという方法があります。それよりももっと簡単な方法が良いという場合にはスマホアプリで老眼をチェックすることも出来ます。

目元

目の老化を確認する

最近はやっているスマホ老眼の若者であっても、老化の自覚症状を感じ始めた中年の人であっても、定期的に老眼の自己チェックをすることが大切です。このチェックをすることで、知らないうちに進行している老眼に気づくことができます。

ウーマン

定期的に調べることが大切

老眼のチェックを行う方法は、目の前に自分の指を持っていき指紋がハッキリと見える位置まで移動します。その時目との距離が遠い程、老眼の可能性が高くなります。その他には、眼科や眼鏡を専門に販売している店でもチェックしてもらう事ができます。

目元に触れる女性

早い自覚が必要

老眼かどうかは早めにチェックし、認識することが大切だといえます。老眼は近くの文字が見えにくいことだけではなく、肩こりや頭痛までも引き起こすことがあるからです。進行を防ぐため、いろいろな方法があるのでチェックしましょう。

レディ

身近な場所でチェック

老眼チェックする方法としては、メガネ屋などでチェックしてもらう方法の他、アプリを活用する方法などもある。老眼を予防するためには、目の筋力を鍛える目の体操を行うことやサプリメントを活用するといったことも効果的である。

おすすめ記事一覧

考える人

気になる人は自己診断も

自分が老眼であるかどうかが気になるという人も少なくないでしょう。そこで知りたいのは自分で老眼かどうかチェックする方法ですが、近点距離から調べるという方法があります。それよりももっと簡単な方法が良いという場合にはスマホアプリで老眼をチェックすることも出来ます。

目元

目の老化を確認する

最近はやっているスマホ老眼の若者であっても、老化の自覚症状を感じ始めた中年の人であっても、定期的に老眼の自己チェックをすることが大切です。このチェックをすることで、知らないうちに進行している老眼に気づくことができます。

ウーマン

定期的に調べることが大切

老眼のチェックを行う方法は、目の前に自分の指を持っていき指紋がハッキリと見える位置まで移動します。その時目との距離が遠い程、老眼の可能性が高くなります。その他には、眼科や眼鏡を専門に販売している店でもチェックしてもらう事ができます。

頭痛や肩こりは要注意

男の人

症状があれば目を労ろう

15歳を過ぎると始まるのが、目の水晶体の硬化。水晶体が硬化すると、近くのものを見る時にピントが合いにくくなります。この症状を自覚するのが老眼です。一般的に40歳を過ぎた頃から自覚症状が現れますが、高校生になった頃から老眼は進行しているのです。老眼は全身の不健康を招く恐れがあるため、自覚症状が現れていないかチェックしましょう。老眼の初期症状のチェックポイントは、主に5つ。最も分かりやすいのが、小さな文字が見えにくくなる症状です。また、薄暗い場所でものが見えにくいのも、典型的な老眼の初期症状。この2つのチェックポイントのどちらかに当てはまる方は、今日から目を労ることが重要です。というのも、見えにくい文字を無理に見ようとすると、目に予想以上の負担がかかります。薄暗い場所でも、目に負担をかけてはっきりと見ようとします。この負担がドライアイや緑内障を引き起こす恐れがあるため、無理は絶対に禁物です。慢性的な眼精疲労がある方も、老眼の初期症状に当てはまります。もう既に無理をされており、目に悪影響が出始めています。無理を続けてしまうと、目がかすむ症状も現れます。これが4つ目の老眼の初期症状。そして、5つ目の初期症状が、肩こりや頭痛です。目の周囲の筋肉が疲労することで、肩こりや頭痛にまで発展します。これら5つのチェックポイントを確認し、1つでも当てはまれば眼科医に相談しましょう。老眼鏡やコンタクトレンズ、目薬を処方してくれるほか、眼精疲労に効果のある食事や目の運動などを説明してくれます。

Copyright© 2018 老眼は進行する前に対策を練る【自覚症状が現れていないかチェック】 All Rights Reserved.